HTA 機関の管理および構造

image_pdfSave as PDFimage_printPrint this page

はじめに

医療制度の構造および状況に関して、医療技術評価 (HTA) は国 (または地域、場合によっては州) によって異なります。一般に、HTA 機関は医療制度の管理組織とはおおむね調和した関係が設立されています。例えば:

  • スペインの医療制度は地域的に管理されており、そのため地方の HTA 機関を構築しました。
  • フランスの医療制度および HTA 機関は、より中央集権的です。

組織

HTA に関して合意に達した形式は存在しないので、特定の国における HTA 機関の形態は、その国の医療制度および政府の関与のレベルにより影響を受けます。効果的な HTA 機関では、方法の厳密性を確保しながら、集学的な情報提供を用いて高品質で政策に関連する研究を医療制度内部の意思決定者向けに作成し広めることができます。そのためには、HTA 機関が医療制度の意思決定プロセスおよび意思決定者のニーズと興味に合わせる必要があります。

HTA 機関に関しては、幾つかの共通した構築基盤があります。それらは:

  • 保健省により設立される (一般に政府が医療制度の財務に関与している場合)
  • 公的および私的な資金混合型の資金提供を受ける
  • 民間セクターが HTA 設立に資金提供して新しい治療法を検討してもらう必要がある場合、設立に関わる
  • 政府から独立しているが、HTA を政府または他の顧客向けに活用する
  • 医療専門家の組織により HTA のプロジェクトが開始される
  • HTA 機関が学界から出資を受け、発展する

効果的な HTA 機関の重要な特徴は、医療制度の意思決定者を支援する能力にあります。英国のような中央集権的な医療制度では、決定を支援するために 1 つの巨大な HTA 機関 (英国国立医療技術評価機構、NICEなど) で十分な場合があります。一方、イタリアやスペインのように分権的な医療制度では、多くの HTA 機関を必要とする場合があります。

Decision-Maker

見本となるHTA 機関の構造および資金調整
HTA 機関の例 資金提供者 Decision-Maker
医療技術評価のバスクのオフィス 1992 公的 地域の
Hayes 社、米国 1989 民間 多様
医療制度の技術評価に関するスウェーデン審議会 (SBU)、スウェーデン 1987 公的 National-Regional
Institut für Qualität und Wirtschaftlichkeit im Gesundheitswesen (IQWiG)、ドイツ 2004 公的 連邦政府
Haute Autorité de Santé (HAS)、フランス 2004 公的 連邦政府

医療制度における HTA 機関の役割についての交渉は状況に依存します。また、HTA 機関の成果物は、機関の雇用者および機関が責任を負う対象者の価値構造を反映する可能性があります。いったん技術が評価されると、資源配分および技術へのアクセスなどについての決定がされる社会的プロセスへと続きます。通常この社会的プロセスは、有力なステークホルダーの価値および興味を反映します。

HTA および技術開発者の相互関係の管理

技術の開発者および技術の評価者の間の関係を管理する完璧な方法はありません。多くの事例では、例えばとりわけ公的な資金提供を受けた医療制度で政府が出資した HTA に関しては、技術の開発者または他の主要なステークホルダーはプロセスの外部におかれ、HTA を、新しい技術の導入を遅らせたり、技術の価格を引き下げるための単なる手段ととらえてしまうおそれがあります。HTA 機関は、主要なステークホルダーとの関係を認識し、確固たる、そして責任あるやり方でステークホルダーを参画させる手段を考案する必要があります。例えば評価のプロセスの透明性により対立ではなく連携の枠組みが得られ、HTA の指針によりステークホルダーを HTA プロセスに参画させる方法についてのよい助言が得られます。

経費抑制

意思決定者が経費を抑えるために HTA に関心を向ける場合があります。しかし、経費抑制のみに焦点を合わせた HTA 機関は、ステークホルダーを取りまとめる際に深刻な困難に直面するおそれがあります。技術の経費はほとんどいつも HTA の関心事ですが、HTAだけが唯一の懸念だとしてしまうと医療技術 – とりわけ医療および医療制度の機能を改善する医療技術の効果 – は、少なくとも半分は見逃されることになります。

明確な医療利益がない医療技術は、HTA が存在してもしなくても容易に退けられます。しかし大多数の技術に関しては、医療上の利益の増加が個人または医療制度の経費を伴うため、個人や社会による資源配分に潜在的影響をもたらします。ほとんどの場合、医療の改善により医療制度内の支出が削減されることはありません。社会的な医療上の利益にとって長期的な影響を念頭に置き、限られた医療予算の支出について、非常に難しい決定を下す必要があります。

添付書類

A2-6.02.3-v1.1

記事情報

カテゴリ:

タグ:
トップに戻る

ツールボックスを検索する