カテゴリ - 医薬品の種類

表示中 11 結果 

医療機器

医療機器は疾患の予防、診断または治療に使用される商品または器具です。医療機器の形状や機能性の範囲は、たとえば、吸入器からペースメーカー、磁気共鳴画像 (MRI) まで及びます。

続きを読む »

遺伝子治療

遺伝子治療は、遺伝子が失われているか、または適切に機能していない細胞の機能を修復する手法の 1 つです。非常に実験的な技術ですが、一部の疾患に関して臨床試験で有望視されています。

続きを読む »

ナノ粒子

ナノ粒子は、静注製剤としてのみ使用できる微小な物質で、医薬品が届きづらい細胞や組織に届くのを助けます。ナノ粒子によって、分子を保護し、医薬品の標的放出を制御することもできます。

続きを読む »

生物学的医薬品

生物学的医薬品、あるいはインスリンのようなタンパク質ベースの医薬品は、患者の体内で特定の標的と相互作用するように設計されています。より的を絞った作用機序によって、医薬品が疾患に対して望んだ治療効果を持つ可能性が大きくなり、従来の医薬品よりも副作用も少なくなるはずです。

続きを読む »

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、オリジナルの先発医薬品のコピーで、同じ剤形と有効成分を持っています。先発医薬品の保護期間終了後、製造販売が可能になります。先発医薬品と同じ剤形と有効成分を持つため、同じ規格により規制されます。

続きを読む »

バイオシミラー

バイオシミラーは、既に承認された生物学的医薬品と類似したものとなるようデザインされた医薬品です。

続きを読む »

ワクチン

ワクチンは、疾患の原因となる微生物の改変版から開発された生物学的製剤です。ワクチンは通常、疾患の予防または治療に取り組む際に、特定疾患に対する免疫を高めたり、あるいは保持したりします。

続きを読む »

医薬品の働き:刺激と抑制

医薬品が投与され、血流によって標的まで運ばれると、その有効成分は細胞活動を刺激するか、もしくは抑制する形で細胞と相互作用します。

続きを読む »

医薬品入門

医薬品は、疾患の治療や予防を可能にする薬物または製剤として一般的に定義されます。医薬品は体内に入らなければなりません。そして、そこで医薬品が必要な臓器まで届けられ、その後分解・排出されます。

続きを読む »

ハーブ医薬品

ハーブ医薬品は、治療特性を持つと考えられる植物やその一部から取った抽出物に基づいています。ハーブ医薬品は何百年も使用されており、バイオ治療薬の元祖とみなすことができます。ハーブ医薬品は特に現代医学のインフラがない発展途上国で今だに広く使用されており、EU においては、加盟国レベルと EU レベルの双方で規制されています。

続きを読む »

関連タグ

検索に戻る