1

患者の関与 – 黒色腫委員会

はじめに

黒色腫の管理における新規治療法と科学的発展についての認識を探究することを目的に、黒色腫専門の看護師と権利擁護団体の専門家が黒色腫委員会会議を開きました。

ケースの説明

看護の専門家と権利擁護団体の専門家からなる諮問委員会会議が開かれました。目的は、黒色腫の管理における新規治療法と科学的発展についての認識を探求し、腫瘍溶解性免疫学的療法についての議論を検討すること、看護と患者の観点から黒色腫患者のペイシェント ジャーニーへの洞察を得ること、そして黒色腫患者の情報提供と支援の必要性を特定することでした。

この会議では、黒色腫患者のペイシェント ジャーニーについての議論、メディカル ディレクター (法的に承認された) による TVEC の発表、経験豊富な治験の専門看護師による発表、その試験における患者の経験についての看護師の見解などが取り上げられました。かなりの議論が診断の過程と欧州における治験へのアクセスに集中しました。

患者の情報ニーズだけでなく看護師の情報ニーズが明確に特定され、共同で作業すべき分野が確認されました。

関与する患者 (権利擁護者) のタイプ

  • 個人的な疾患を持つ患者。
  • 病気に関する優れた専門知識を持つが、研究開発 (R&D) 経験がほとんどないエキスパート患者/患者の権利擁護者。
  • 病気に関する優れた専門知識があり、優れた研究開発 (R&D) 経験があるエキスパート患者/患者の権利擁護者。

患者が関与するベネフィット

そのような会議で強調された現実的で非常に「実世界的な」経験は、市場調査や他のより遠隔的または非個人的な情報収集法で置き換えられるものではありません。社内チームのメンバーは、これらの洞察を社内の重要人物や意思決定者と直接共有することで、これらの意見が確実に耳に届き、フィードバックが考慮されるようにすることができました。

会議の参加者は、疾患に対する諦めたような態度、バイオマーカー検査の実施に対する消極的な姿勢、また利用可能な試験の内容とその時期についての情報が頻繁に更新されることなど、臨床環境で直面する課題を特に強調しました。

会議の議事録と結果は、社内の規制および研究開発 (R&D) のリーダーたちと共有されました。管理と治療に関する現実と障害、さらには機会についての重要な洞察が各国で確認されました。国や地域によって、異なる管理計画や治療計画が存在します。看護および患者擁護のリーダーたちは、これらの利害関係者のニーズを満たすための計画とリソースを社内で提唱し、アドバイザーとして対話を継続し、開発プロセスを通じてこれらの専門家と関わります。

その結果、患者のニーズを認識するとともに、診療所/病院の現場での実態を知ることを目的とした研究開発 (R&D) が促進されました。患者の経験を考慮している、あるいは患者のニーズを把握しているというオピニオン リーダーの誤りを暴きます。

課題と障壁

任務 (一部課題):

  • 黒色腫や黒色腫試験における専門看護師を特定して、所在地を確認する。
  • 時間、仕事および家族に関する制約により、接触、提携および関与するのは一部の黒色腫の権利擁護専門家 (正社員または介護者であるパートタイムの権利擁護者) のみである。SOP を利用し、割り当てられた機関とやり取りして適切な取り決めを行うとともに、プロセスおよび合意について権利擁護団体と直接やり取りして作業する。
  • 克服可能な障害:国レベルの医療およびコンプライアンスに対する期待値を管理して理解することは、参加者を適切に関与・参加させることにつながります。

学んだこと

次の点についての会社全体の原則に関して、グローバル、地域、ローカルの各レベルでおおむね見解の一致が得られました。

  • 専門看護師や患者と関わる理由。
  • 専門看護師や患者との関わり方。
  • 上記の 2 点について誰もがアクセスして読むことができる明確に概説したプロセス。
  • 行動計画とフォーマット (このような会議を開催しようとするたびに、一から手順を作り直さなくても済むようにするため)。
  • このような主要な外部の利害関係者によるより体系的で定期的な会議を設定し、予算と、継続的な関与と関係を管理する責任ある部署/個人を承認して維持するための世界的および地域的支援。

A3-Melanoma-V1.0

添付文書