1

HTA への患者の関与における障害の克服

台本

[What are the obstacles to patient involvement in HTA and what can policy makers and patients do to overcome these obstacles?]

Jan Geissler – 革新的治療のための欧州患者アカデミー (European Patients’ Academy on Therapeutic Innovation (EUPATI))、患者の権利擁護者およびプロジェクト ディレクター

私たちが経験する障壁の 1 つは、患者がバイアスまたは利害関係を持っているように見えることです。もちろん、誰かが誰かに影響されているという主張により議論が常に生じることは、プロセスの妨げとなります。しかし、すべての人に利害関係があるため、私たちは理性的な議論をする必要があります。

最も重要なことは、利害関係を公表し、そのうえで患者およびすべての人が意見を出し合うプロセスに実際に参加することだと思います。そうすると本当に助かります。

Mary Baker – 欧州脳委員会 (European Brain Council) 直前会長、欧州パーキンソン病協会 (European Parkinson’s Disease) 後援者

障壁はあります。しかしいったん従事し始めたら、いったん支払い側や規制当局と摩擦が生じ始めたら、大きな教訓が得られます。彼らは援助することを非常に憂慮しています。彼らは関与しようとすることを非常に憂慮しています。彼らは否定している訳ではありません。実際のところ、彼らは協力的だと気付きました。

Eibhlin Mulroe – Irish Platform for Patients Organisations (IPPOSI)、CEO

私のアイルランドでの仕事における最大の障壁は教育です。そして、教育は患者団体だけではなく、規制機関にも必要です。規制機関自体も、なぜ患者を HTA に関与させることが重要なのか、教育を受ける必要があります。

繰り返しますが、アイルランドおよび EU のすべての国々にとって、今回予定されている EUPAT は素晴らしいです。私たちはどのように HTA 機関へメッセージを伝えるかという点に関して助けを必要としています。彼らは組織的な方法で患者に接触し、迎え入れています。私たちは、規制当局者、政府、そして意思決定者に対して、プロセスに患者を関与させる価値を伝えなければなりません。

その一方で、私たちは患者のリーダーたちにもそのことを伝えなければなりません。なぜ患者を HTA に関与させる必要があり、それが重要なのでしょうか。そして、さらに段階を進めると、なぜ彼らが医薬品開発プロセスの最初から関与することが重要なのでしょうか。患者関連の結果は、どこで患者団体が必要かを示していると思います。

A2-ITW-Q7_EN-v1.1