HTAに関与する患者への必要な訓練

image_pdfSave as PDFimage_printPrint this page

台本

[What training does a patient need in order to participate in an HTA process?]

Jan Geissler – 革新的治療のための欧州患者アカデミー (European Patients’ Academy on Therapeutic Innovation (EUPATI))、患者の権利擁護者およびプロジェクト ディレクター

私はプロセスにおいて、患者の権利擁護者を訓練することは非常に重要だと考えます。医療技術評価は非常に複雑な分野だからです。これは経済的分野であり、方法論的分野であり、願うだけで簡単に参加できるものではありません。彼らは、プロセスがどのように機能するかを理解する必要があります。彼らは、特定の患者の視点をそのプロセスに取り入れる方法を知る必要があります。

それには理解が必要です。それには HTA がどのように機能するか、聞かれている質問は何か、患者の権利擁護者として何が期待されているか、私は何を求めることができるか、規制プロセスの別の場面ではふさわしくても、ここで取り入れるとおそらく意味をなさないものは何か、理解する必要があります。それが、EUPATI で行っているような教育が非常に重要な理由です。

Mary Baker – 欧州脳委員会 (European Brain Council) 直前会長、欧州パーキンソン病協会 (European Parkinson’s Disease) 後援者

患者にとって最も大きな問題は、自分が代表する人々の代わりに疾患について話すベストなタイミングと、社会的影響について話すタイミングを学ぶことだと思います。

Eibhlin Mulroe – Irish Platform for Patients Organisations (IPPOSI)、CEO

彼らに必要なのは、まず、プロセスとは何かを理解することだと思います。欧州の HTA について万能なコースを見つけることは非常に困難です。これは複雑です。それで私が言いたいのは、ここが EUPATI が本当に重要になってくるところです。

しかし、国際連絡チーム ( the national liaison teams) および私たちが各国で開発している EUPATI プラットフォームも、本当に重要になってきます。それは、EUPATI のコースを学んだ患者のリーダーたちが母国に帰り、そこで機関と実際に話し合うことができるからです。これらのシステムは住んでいる場所によって異なるため、彼らはこれを根拠に患者の訓練コースを開発します。

A2-ITW-Q9_EN-v1.1

トップに戻る

ツールボックスを検索する