患者の関与 – ユーザー調査の使用

image_pdfSave as PDFimage_printPrint this page

はじめに

製薬会社 Novo-Nordisk は、患者の理解を深め、ユーザーのニーズを満たす製品を開発するために、患者に対するユーザー調査を行っています。

ケースの説明

Novo Nordisk Device R&D では、患者に対するユーザー調査を行っています。ユーザー調査の目的は、ユーザーのニーズにあった商品を開発するために、ユーザーの理解を深めることです。より具体的には、Device R& D でのユーザー調査は、以下の目的で実行されます。

  • ユーザーのニーズを理解する、または理解を深める。
  • 製品やサービスの概念に関するフィードバックを得る。
  • 機器や梱包材の使いやすさを評価する。

ユーザー調査は特定のプロジェクトのニーズに合わせて設計され、手法もこれに応じて決定されます。

私たちは専門的な研究者で構成される部門によって、機器の初期開発で使用されるユーザー調査の品質とコンプライアンスを確保しています。

関与する患者 (権利擁護者) のタイプ

  • 個人的な疾患を持つ患者

患者が関与するベネフィット

私たちはユーザー調査を介して、患者が明確に示したニーズと明確化されていないニーズとを理解しようと試みます。それによって、私たちが実施する技術革新が、実際のユーザーの実際のニーズに適合しているかどうかを「テスト」します。

課題と障壁

社内にも社外にも、多くの規則や規制があります。コンプライアンスを確保するために、私たちはユーザー調査のための包括的なガイドラインを作成しました。このガイドラインでは、すべてのユーザー調査で順守すべきプロセス フローが規定されています。

調査を実施する際、研究に参加するように招待されるプロジェクト メンバー (エンジニアなど) は、人類学的手法、および規則と規制について事前にトレーニングを受けることになります。

学んだこと

規則や規制を確実に遵守するには、多くのリソースが必要であることを学びました。

もう 1 つ学んだことは、ユーザーの視点からより多くの洞察を得るための人類学的手法は、開発の初期段階において非常に価値があるということです。ニーズとは、常に明確に表現されるものではないことを理解する必要があります。私たちの関心を惹く問題のほとんどは、明文化されないレベルに存在しています。したがって、質的な調査手法や、そうした手法の訓練を受けた研究者が必要とされます。

A3-User-research_v1_EN

添付文書

トップに戻る

ツールボックスを検索する